仙台都市圏広域行政推進協議会

この協議会は、仙台市、塩竈市、名取市、多賀城市、岩沼市、富谷市、亘理町、山元町、松島町、七ヶ浜町、利府町、大和町、大郷町、大衡村で構成されています。

協議会会長あいさつ

 創造的復興の中から新たな魅力・活力を生み出し、世界へ発信する仙台都市圏へ

 仙台都市圏は、東北地方にあって、長い歴史によって培われてきた地域です。遠見塚や雷神山などの東北屈指の古墳が見られるほか、8世紀奈良時代には、太宰府と並ぶ国府が多賀城に置かれるなど、早くから東北地方の政治・経済・文化の中心としての役割を果たしてきました。

 特に1600年、奥州の雄・伊達政宗公が仙台を居城と定めて仙台藩が成立後、領内各地に城下町、門前町、宿場町、港町などが形づくられ、地域的な結びつきも明確となりました。現在の仙台都市圏の圏域は昭和52年(1977年)に決定されたわけですが、現在、人口150万人を超える全国有数の都市圏になるとともに、宮城県のみならず東北地方における中枢都市圏、東北における海外に開かれたグローバルゲートとしての役割を担っています。

 本圏域には、仙台城跡、多賀城跡などの史跡や寺社、更には奥の細道や様々な歌枕に関わる文化財など、歴史的な資産・資源が数多くあります。また、松島や浦戸などの海浜・島々の景勝地をはじめとして、船形山・七ツ森等の山々、阿武隈川や名取川、吉田川に代表される河川など、多種多様な自然があります。それらがもたらす山海の新鮮な産物と合わせて、大都市圏でありながら、自然や食にも恵まれた地域であると言えましょう。

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、これまでの想定をはるかに超えた広域的かつ甚大な被害をもたらしました。宮城県内だけでも1万人を超える死者・行方不明者を出すなど、多くの尊い命を失いました。また、沿岸部を中心に、多くの住宅が被害を受けたほか、道路や港湾などのインフラや、事業所や農林水産施設等の地域経済を支える生産基盤も大きなダメージを負ったことから、生活の基盤である住まいや雇用の確保など、被災された方々の生活再建とともに、その下支えともなる地域経済の再生をいかに図るか、ということが喫緊の課題となっています

  現在、平成24年3月に策定した第五次仙台都市圏広域行政計画をもとに、14市町村が協力・連携して、「創造的復興の中から新たな魅力・活力を生み出し、世界へ発信する仙台都市圏」を目指し、地域経済の再生をはじめ、東北・宮城の復興を力強く牽引していくとともに、地域にあるあらゆる資源を結集し、国内外との交流の中から新しい価値を創造していく、潤いと魅力、活力に満ちた都市圏づくりに取り組んでいます。

 是非、多くの方が私たちの地域を訪れ、復興を梃子にしたさらなる発展に向けた取り組みについて応援をいただきますとともに、この仙台都市圏の自然や食などの魅力を多いに満喫していただければと思います。

仙台都市圏広域行政推進協議会
会 長  郡  和 子

 

協議会の紹介

ページのトップへ戻る